キムチにアレルギーはある?成分や症状にかゆみの原因も!

アレルギーって怖いですよね。

良く知られているアレルゲン物質なら表記がされています。

ただ良くパッケージ裏などに書かれているアレルギー表示のほかにも多くのアレルゲン物質が存在します。

特に原材料が多いものや不透明なものは特に注意が必要です。

なぜなら予想外のものが入っていることがあるからです。

その一つがキムチです。

原材料が多いですし材料もはっきりとはわかっていない人も多いです。

そこで今回はキムチのアレルギーについて書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • キムチにアレルギーはあるのか?
  • キムチの成分は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



キムチにアレルギーはあるのか?

まずはキムチにアレルギーがあるか否かについてです。

アレルギーの原因となるものはとても多いです。

ほとんどの食べ物にアレルギーがあるといっても過言ではありません。

キムチもやはりアレルギーがあります。

というかキムチにもアレルギーの原因となるものが含まれます。

主なものだけを挙げても↓

  • エビ
  • カニ
  • イカ
  • 小麦
  • リンゴ
  • 大豆

とこのように様々なアレルゲン物質があります。

すべてのキムチにこれら全部が含まれているわけではありませんがこれらすべてが各社のキムチのアレルギー表示のいずれかに表記されています。

またこれはあくまで主なアレルゲン物質を挙げたまでで、ほかのアレルゲン物質が含まれている場合もあります。

またあまりアレルギーを持っている人が多くないものであればアレルギー表示に示されていないこともあります。

重度のアレルギーを持っている人に関しては一度病院の先生と相談するのが良いでしょう。

微量でも重度の症状が出る可能性もありますからね。

ただ軽度なアレルギーしかない人はそこまで神経質になる必要もないですけどね。

ただアレルギーは本当に怖いので注意はしておきましょう。

広告



一応キムチに含まれていることが多いアレルゲン物質の症状を載せておきますね↓

基本的にどのアレルギーも、

  • 皮膚・粘膜症状
  • 粘膜症状
  • 消化器症状
  • 呼吸器系症状

といったような症状が出ることが多いです。

どのアレルギーはこのような症状が出るというよりかは体質によって症状が変わることが多いです。

そのため同じ食べ物のアレルギーでも症状が違うといったようなことはザラにあります。

ただやはり、

  • じんましん、かゆみなどの皮膚症状
  • 口の中のイガイガ感や唇の腫れなどの口のまわりの症状
  • 目の充血や目のまわりが腫れるなどの目の症状

出典先:https://www.allergy-i.jp/kayumi/food-allergy/allergy-book/basic-03.html

といったような皮膚・粘膜症状が多くみられます。

複数の症状が全身に急速に現れるアナフィラキシーショックという状態もあります。

これは意識を失うといった重篤な症状に発展することもあります。

特に小麦粉アレルギーや甲殻類アレルギーはアナフィラキシーになりやすい傾向にあります。

これらに重度なアレルギーを持っている人は特別に警戒する必要があるでしょう。

広告



キムチの成分は?

最後はキムチの成分についてです。

アレルギー成分については前半で書いたので栄養成分を主に紹介していきますね。

主な栄養成分はこちら↓

  • 乳酸菌
  • ギャバ
  • ビタミンB
  • カプサイシン

それぞれ簡単に説明していきますね。

乳酸菌

これは皆さんご存じのとおりヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれている細菌です。

主に腸内の運動を活性化させる効能があります。

ギャバ

これはキムチの乳酸菌により作り出されるアミノ酸です。

キムチ以外に、

  • チョコーレート
  • 発芽玄米
  • なす
  • かぼちゃ

といったものに含まれています。

主な効能はリラックス効果です。

ビタミンB

これは疲労回復効果を持つビタミンです。

他には夏バテ防止効果もあります。

カプサイシン

これは皆さんも知っているであろう辛み成分の一種です。

脂肪燃焼効果といったダイエット効果があります。

まとめ

今回はキムチのアレルギーについて書いてみました。

キムチはアレルギーとなる食品が使われている可能性が高いので注意が必要です。

メーカーによって違いがあるのでしっかりとチェックしましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告