黄身の醤油漬けはサルモネラ菌(食中毒)が怖い!?食べ方も!

黄身の醤油漬けっておいしそうですよね。

僕は食べたことがないのでどんな味なのかはわかりませんが、見た目から食べずとも美味しいのがわかるほどです。

作り方もとても簡単なので家で作るという人も多いです。

そんな時に心配なのが食中毒の危険性です。

卵は割ってからは日持ちしないのですが黄身の醤油漬けは黄身を1日醤油に漬けて作るので食中毒になるのではないかと心配する人も多いです。

また実際に黄身の醤油漬けは危険だという人もいます。

今回は黄身の醤油漬けの危険なのか否かについて書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 黄身の醤油漬けに食中毒の危険性はあるのか?
  • 黄身の醤油漬けの食べ方は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



黄身の醤油漬けに食中毒の危険性はあるのか?

まずは黄身の醤油漬けに食中毒の危険性はあるのかについてです。

黄身の醤油漬けは黄身を醤油に漬けて作ります。

ただ卵は殻から出してからは日持ちがしません

そのため殻からだした卵を漬けている時間で菌が増殖するのではないかと思いますよね。

卵を殻から出すと日持ちしない理由はなぜ?

卵を殻から出すと日持ちがしないのはなぜなのか知っていますか?

卵の殻にはリゾチームという酵素があります。

このリゾチームには細菌の細胞壁を攻撃する作用があるため軽い感染防御作用があり雑菌が増殖するのを防いでいます。

そのため卵が殻に覆われている状態では雑菌は増殖しにくい環境にあるのです。

ただ一度割ってしまうとその効果を享受することは当然できません

そうなると雑菌が増殖して日持ちがしないというのは当たり前ですよね。

特にサルモネラ菌なんかは冷蔵でも増殖可能なので冷蔵庫でも増殖を止めることができません

なので冷蔵庫で漬けておく黄身の醤油漬けであっても普通なら雑菌が増殖してしまいます。

ただ黄身の醤油漬けは雑菌が増殖しにくいです

続いてはその理由について書いていきますね。

広告



黄身の醤油漬けが雑菌を増殖させない理由はなぜ?

冷蔵庫でも雑菌が増殖するのなら本来なら黄身の醤油漬けを食べると食中毒になってしまいますよね。

ただ黄身の醤油漬けも正しい方法で作れば食中毒を防げます。

それは醤油漬けだからです。

醤油漬けというのは味が良いということもありますが保存食という一面も持ちます。

なんといっても醤油には殺菌作用がありますからね。

  • 乳酸
  • 適度な塩分による浸透圧の作用
  • 酸性pH
  • アルコール

出典先:https://www.kikkoman.co.jp/soyworld/museum/power/index.html

といった様々な要因があります。

さらに日本の卵はサルモネラ菌の殺菌が徹底されているため基本的にはサルモネラ菌による食中毒はほとんど起きません。

サルモネラ菌が原因の食中毒が起こるのは常温放置をしていたケースが大半です。

ただ、

  • 新鮮な卵を使う
  • 漬けるのは2,3日までにする
  • 作り置きをしない

といったようなことは最低限守っておくべきでしょう。

特に夏場なんかは特に注意が必要でしょう。

正しい方法で作れば問題がないだけで誤った方法なら食中毒になることに違いはないので…

広告



黄身の醤油漬けの食べ方は?

最後は黄身の醤油漬けの食べ方です。

そのままご飯に乗せて食べるだけでももちろんおいしいですが他にもおいしい食べ方は多くあります。

今回は特におすすめの食べ方を紹介していきますね。

それがこちら↓

  • 黄身の醤油漬けを使った野菜のお浸し
  • 冷ややっこ~黄身の醤油漬けのせ~
  • 海鮮丼~黄身の醤油漬けのせ~

それぞれ詳しく書いていきますね。

黄身の醤油漬けを使った野菜のお浸し

作り方は簡単で野菜のお浸しに黄身の醤油漬けを加えて混ぜるだけです。

醤油代わりに黄身の醤油漬けを使うイメージです。

最後に鰹節なんかをかければ最高です。

冷ややっこ~黄身の醤油漬けのせ~

これも冷ややっこに黄身の醤油漬けを乗せるだけなので簡単です。

醤油とは違って粘度があるにで豆腐に絡みついてしっかりと味が付いて美味しいです。

海鮮丼~黄身の醤油漬けのせ~

最後は海鮮丼です。

これも醤油の代わりに黄身の醤油漬けを使います。

卵を乗せることによってまろやかさが加えられワンランク上の海鮮丼になります。

まとめ

今回は黄身の醤油漬けについて書いてみました。

黄身の醤油漬けは正しい方法で作り保存すれば食中毒を防ぐことができます。

ただそれは逆に言うと誤った方法なら食中毒になる可能性があるということです。

お弁当に入れるといったような危険なことは絶対にやめましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告