エナメル素材の特徴は?傷や擦れ(靴)の防止法や雨に弱い理由と対策も!

エナメル素材の靴やバックって便利ですよね。

僕も学生時代にエナメルバッグを使っていましたがとても使い勝手が良かったことを覚えています。

僕のように学生時代にエナメルバッグを使っていたという人は多いと思います。

そのためエナメルというと学生のイメージがありますが大人でも十分に使えます

エナメルというと皮よりかは質感がないように思われますが最近のエナメル素材は質感が良いものも多いです。

それに加えて機能性も高いので大人にもエナメル素材はおすすめです。

そこで今回はエナメル素材についていろいろと書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • エナメル素材の特徴は?
  • エナメル素材の傷防止法は?
  • エナメル素材が雨に弱い理由は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



エナメル素材の特徴は?

まずはエナメル素材の特徴についてです。

エナメル素材というのは、

布地やレザー、ビニールにエナメル加工を施したもののことを指します。

エナメル素材にはいくつかの特徴があります。

それが↓

  • 光沢
  • 防水性
  • ホコリや指紋が付きやすい
  • 温度によって変質する

といったようなものです。

それぞれ詳しく書いていきますね。

光沢

まずは光沢感です。

エナメル素材はつやのある質感が特徴です。

光沢があるためスーツとの相性も抜群です。

防水性

エナメル素材というのはウレタンの樹脂を吹き付けているものなのである程度の防水性はあります。

少なくとも革そのままよりかは防水性があります。

ただ完全に防水なわけではありません。

これに関してはこの記事の後半で詳しく書きますね。

ホコリや指紋が付きやすい

これは光沢があるが故のデメリットです。

指紋に関しては付きやすいというよりかは目立ちやすいです。

ただ、

これを付けた柔らかい布で拭けば綺麗になります。

温度によって変質する

エナメルは温度によって変質してしまいます。

暑い時にはべたつきの原因になり、寒い時にはひび割れの原因になります。

そのため真夏や真冬には履かない方が良いかもしれません。

広告



エナメル素材の傷防止法は?

傷が付きやすいというのもエナメル素材の特徴の一つといえるかもしれません。

その傷を防ぐ方法があれば知りたいですよね。

ただ残念ながら画期的な傷を防止する方法はありません。

防止するには擦らないように注意するしかないです。

ただ傷を修復する方法ならあります。

修復というか目立たないようにするだけですが。

一番良いのは靴屋さんに任せることです。

高価な靴や大切な靴の場合はプロに任せるのが一番です。

ただ出来るのなら自分でやりたいものですよね。

一応自分でやる方法もあります。

それは↓

こういったレザーマニキュアというもので傷を目立たなくする方法です。

このレザーマニキュアというのは光沢があるので傷を同化させることができます。

また小さい傷であれば普通のマニキュアでも代用可能です。

ただ頻繁に傷をつけるのであれば専用のものを買っておくのをお勧めでします。

広告



エナメル素材が雨に弱い理由は?

最後はエナメル素材が雨に弱い理由についてです。

前半にも書いたようにエナメル素材は防水性がないわけではありません。

ただ完全に防水とまではいきません

なぜならエナメルは温度や湿度の急激な変化に弱いからです。

こういった急激な変化があるとひび割れの原因になってしまいます。

そのため雨でぬれたエナメル素材を放置しておくとひび割れになってしまいます。

なので濡れてしまった場合は柔らかい布などで拭いて風通しが良いところでおいておきましょう。

防水でないのなら防水スプレーを使えば良いのではと思った人もいるかもしれませんがエナメル素材に防水スプレーは使えません

エナメル素材に防水スプレーを使うとムラの原因になっしまいます。

絶対にやめましょう。

まとめ

今回はエナメル素材について書いてみました。

エナメル素材は手入れがそこまで大変ではありません。

ただやらないでよいわけではありません。

しっかりと日々の手入れを怠らないようにしましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告