イヤリング跡が耳たぶのしこりに!原因や対策法も!

イヤリングを付けているとイヤリング跡が付いてしまうことってありますよね。

イヤリングを付ければどうしても跡が付いてしまうので、

それはもう仕方ないとして割り切っている人も多いでしょう。

ただそれが原因となって耳たぶにしこりが出来ることがあります。

跡くらいなら我慢できてもしこりとなると話は別です。

そこで今回はイヤリング跡による耳たぶのしこり対策について書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • イヤリング跡が耳たぶのしこりになる原因は?
  • イヤリング跡による耳たぶのしこりの対策方法は?
  • イヤリング跡による耳たぶのしこりの治し方は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



イヤリング跡が耳たぶのしこりになる原因は?

まずはイヤリン跡が耳たぶのしこりになる原因についてです。

イヤリングの跡がしこりになったことがあるという人は、

何が原因でしこりになったのかが気になりますよね。

なんてたってしこりができてしまうとイヤリングが付けにくくなりますから。

最悪、その場所にはイヤリングが付けられなくなってしまうこともあるでしょう。

そういったようになったことがある人は原因が知りたいでしょう。

そこでイヤリング跡がしこりになる理由を調べたところ、

イヤリングが耳を圧迫したことによる内出血

が原因とのことです。

内出血というのは皆さんおなじみたんこぶと同じものです。

たんこぶで頭が腫れているのと同じ原理で、

イヤリングに圧迫された耳たぶが腫れているのです。

そのためそこまでの重症ではないので過度の心配はしなくて大丈夫です。

ただ出来ればしこりができないようにしたいですよね。

なので次は対策方法について書いていきますね。

広告



イヤリング跡による耳たぶのしこりの対策方法は?

続いてはイヤリング跡による耳たぶの対策方法についてです。

先ほどイヤリング跡によるしこりは内出血によるものだと判明しました。

そのためこれらのしこりを対策する方法は存在します。

そもそも内出血というのは、

内出血(ないしゅっけつ)とは、体内の血管が破裂する等して皮下で出血する現象のこと。

出展先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E5%87%BA%E8%A1%80

のことです。

ということはしこりが起きるには血管が切れてしまうほどに、

耳たぶを圧迫してしまっているということなのです。

なぜそのようなことになってしまうのかというと、

使っているイヤリングが自分の耳に合っていない

からです。

そのため耳たぶにしこりがよくできてしまうという人は、

イヤリングが自分に合っていない可能性が高いです。

一度、イヤリングを自分に合ったものに変えてみるのがよいでしょう。

それでも改善しないという場合はイヤリングではなく、

ピアスやイヤーフックといったものを付けたほうがよいでしょう。

広告



イヤリング跡による耳たぶのしこりの治し方は?

最後はイヤリング跡のしこりを治す方法です。

もうすでにしこりになってしまったという人は治す必要があります。

といっても内出血ですからたんこぶと同様に、

放置しておくといつかは治ります

通常であれば3日もあればしこりが消えるでしょう。

ただそれはしっかりと放置した場合です。

気になって触ったりしてしまうとなかなか治りません。

ただ耳たぶにしこりがあると正直気になって仕方がないですよね。

また痛くて我慢できないという人もいるでしょう。

そういった人は保冷材などで冷やすのがよいでしょう。

これなら痛みも引きますし、治りも早くなります。

内出血の基本的な治し方は、

内出血になった後は冷やして、その後温める

というものなので。

どうしても我慢できないという人は冷やしてみましょう。

いくらかはましになると思いますよ。

まとめ

今回はイヤリング跡のしこり対策について書いてみました。

今回はいろいろな種類の対策を書いてみました。

その中から自分に合ったものを探して試してみてください。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告