しらたきが便秘・下痢・腹痛の原因に!?食物繊維量も!

しらたきっておいしいですよね。

つるつるとしていて食べやすいですし、いろんな料理に使うことができる便利な食べ物でもあります。

ダイエットしている人なんかはしらたきを麺の代わりにして糖質を制限しているという人もいるかもしれません。

このようにしらたきはとても有用な食品です。

ただしらたきを食べて不調を感じるという人もいるようです。

そこで今回はしらたきは不調の原因になりうるのかについて書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • しらたきは便秘の原因になるのか?
  • しらたきは下痢の原因になるのか?
  • しらたきは腹痛の原因になるのか?

となっています。

それでは発送開始!

広告



しらたきは便秘の原因になるのか?

まずはしらたきは便秘の原因になるか否かについてです。

まず結論から言うとしらたきは便秘の原因になることもあります。

基本的にしらたきは食物繊維が豊富に含まれているということから便秘解消に効果的だと言われているので驚いた人もいるかもしれません。

ただ実際にしらたきが便秘の原因になってしまうこともあります。

しらたきが便秘の原因になるのはどんな時なのか?

しらたきが便秘の原因になるのは食べ過ぎてしまった時です。

しらたきに含まれている食物繊維は不溶性食物繊維が多いです。

不溶性食物繊維というのは名前を見てもわかるかと思いますが、水に溶けない食物繊維のことです。

不溶性食物繊維は適量の摂取であれば便秘の改善に効果を発揮します。

ただ摂取しすぎると消化されない食物繊維が詰まって逆に便秘になるのです。

しらたきの便秘解消効果が出るのはどんな時なのか?

しらたきにより便秘が改善されるのは先ほども書いたように適量を摂取した時です。

しらたきに含まれる不溶性食物繊維は適量であれば便秘の改善に効果的です。

ただ重度の便秘の人は少量の不溶性食物繊維でも便秘の悪化につながることもあるようなので、重度の便秘の人は不溶性食物繊維が多く含まれる食べ物は避けた方が良いでしょう。

広告



しらたきは下痢の原因になるのか?

続いてはしらたきは下痢の原因になりうるのかについてです。

こちらも結論から言うとしらたきは下痢の原因にもなり得ます。

しらたきが下痢の原因になる場合について詳しく書いていきますね。

しらたきが下痢の原因になるのはどんな時なのか?

しらたきが下痢の原因になるのはやはり食べ過ぎた時です。

不溶性食物繊維は腸の働きを活発するという効果があります。

ただ摂取しすぎてしまうと腸の活動を活発にさせ過ぎて下痢になることがあるのです。

ただ食物繊維は不足している人の方が多い栄養素です。

なのでそこまで食べ過ぎてしまうことを過度に心配する必要はありません

しかしながら食べ過ぎてしまって良いというわけではありません。

一日どれくらいと考えるまではいきませんが常識的な量を心がけましょう。

しらたきが下痢を改善するのはどんな時なのか?

これに関しては先程の逆で食べ過ぎなければ下痢の改善に一役買ってくれます。

というよりかは食物繊維が不足すると下痢の原因になってしまうのです。

そのため下痢が多く困っている、かつ食物繊維が不足している自覚がある人は原因がそこにある可能性もあります。

そんな人は一度食物繊維を積極的にとって様子を見てみるのも良いでしょう。

広告



しらたきは腹痛の原因になるのか?

最後はしらたきと腹痛の関係についてです。

ここまでおなかに関する不調について書いてきました。

腹痛というのも、もちろんおなかに関する不調ですよね。

そこで何かしらの関係があるのではと思う人もいることでしょう。

実際にしらたきが原因で腹痛になることはあります。

しらたきで腹痛になるのはどんな時なのか?

ここまでくるとわかる方もいるかもしれません。

はい、やはりしらたきの食べ過ぎが腹痛の原因になるのです。

しらたきを食べ過ぎると腹痛や膨張感を感じることがあるのです。

これは単純に食べ過ぎたからということもありますが、食物繊維がまたもや関係してきます。

食物繊維は膨張する性質があるんです。

そのため食べ過ぎてしまうとおなかが張ってしまうのです。

まとめ

今回はしらたきとおなかの不調について書いてみました。

いずれの不調も食べ過ぎが原因となります。

これはどんな食べ物にも当てはまるもので、食べ過ぎは往々にして良くないです。

食べ過ぎの自覚がある人は食べる量を制限するように努めましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告