あさりの寿命は?死後の臭い対策や食中毒の防止方法も!

あさりの寿命って知っていますか?

また死んだらどうなるのか知っていますか?

死んだらどうなるかなんて知ってどうするんだ!

って思うかもしれませんが、

潮干狩りなどに行って貝を採ってきた貝が、

死んでいるかどうか知ることが食中毒の防止につながります。

今回はあさりについていろいろと書いていきますね。

今回のお届け内容はこちら↓

  • あさりの寿命は?
  • あさりのニオイ対策は?
  • あさりの食中毒対策法は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



あさりの寿命は?

まずはあさりの寿命についてです。

あさりの寿命を知っている人ってそんなには多くないでしょう。

というか見当もつかないと思います。

犬や猫なら大体の見当は付くでしょうが、

あさりとなると大体の寿命すらわからない人もいるでしょう。

僕も全然わかりませんでした…

そこで調べてみると、

あさりの寿命は9年くらいなのだとか。

ただここまで長く生きるものは少ないようで大抵はもっと早くに死んでしまうようですが…

人間とは違って寿命を全うする確率は低いようです。

みなさんはこれを、

結構長いと思いましたか?

それとも以外に短いなと思いましたか?

僕は意外に短いなと思いました。

9年というと長いと感じる人もいるかもしれませんが、

二枚貝の寿命は結構長いことが多いのです。

例えばミル貝なんかでいうと100年以上生きるようです。

しかもこれが一番寿命が長い二枚貝ではありません。

上には上がいてアイスランドガイという貝は507年生きた個体もいるのだとか。

これは現時点で発見されている生物の中で最高齢です。

彼らに比べると同じ二枚貝のあさりの寿命が9年ほどというのは短く思えませんか?

広告



あさりのニオイ対策は?

続いてはあさりのニオイ対策についてです。

潮干狩りなどで採ってきたあさりは場所によっては臭いがキツイ場合があります。

またお店で売られているあさりでもごくまれに臭いがキツイものがあります。

僕も一度知り合いが潮干狩りで採ってきたあさりを食べる機会があったのですが正直結構きつかったです…

せっかく潮干狩りで採ってきた、もしくは採ってきてもらったあさりですから美味しく食べたいですよね。

一応臭いを消す術はあります、ここではそれを紹介していきますね。

まず臭いを消す方法についてですがやはり酒が有効です。

臭い消しの王道である日本酒ですがあさりも例外でなく有効です。

酒蒸しにするなどすればあさりのニオイも軽減されます。

またあさりの味噌汁を作る時にも日本酒を少し入れればあさりのニオイを軽減することが出来ます。

ちなみに味噌は赤だしを使うとさらに臭いが気にならなくなります。

またそれでも臭い場合にはスパイスを使うのも良いでしょう。

ガーリックバター炒めにして臭いを軽減させたり、

ハーブとオリーブオイルで炒めるのも有効です。

またこの場合は日本酒ではなく白ワインが合います

広告



あさりの食中毒対策法は?

最後はあさりの食中毒対策についてです。

お店で売られていたものもそうですが潮干狩りで採ってきたものは特に食中毒に気を付ける必要があります。

ただどのように食中毒を防げばよいのかということですよね。

あさりは生きている間はもちろん腐らないのですが、

死んでしまうと腐敗が始まってしまいます。

ではどのように死んでいるのか判断するのかについてですが、

あさり同士をこすって口が半開きになったものは死んだあさりです。

良く死んでいる貝は焼いても開かないといわれますが死んだあさりでも開くことがあります。

なので火を通して開いたから大丈夫だと思うのは間違いです。

また臭いでも見分けることが出来ます。

臭いを嗅いでみて通常と比べて明らかに臭かったりした場合には、

腐敗が進んでいるということですから死んでいる可能性が高いです。

こういった場合には食べるのは止めておきましょう。

まとめ

今回はあさりのついていろいろと書いてみました。

臭いがきつかったりしても本文中にあることをやってもらえば、

ある程度はマシになるのでぜひ試してみてください。

また食中毒は本当に注意してくださいね。

貝の食中毒は怖いので…

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告