イソギンチャクは食用?食べる方法や料理の仕方を紹介!

イソギンチャクってもちろん知ってますよね。

海底や磯部に住んでいる奇妙な形をしたあれです。

知らないという人は少ないでしょう。

あれって食べられるのでしょうか?

同じ磯部に住んでいる生き物であるナマコなんかは食べられますが、

果たしてイソギンチャクも同じように食べられるのでしょうか?

と気になったのでイソギンチャクは食べられるのかについて調べてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • イソギンチャクは食用?
  • イソギンチャクの下処理方法は?
  • イソギンチャクのおいしい食べ方は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



イソギンチャクは食用?

まずはイソギンチャクは食べられるのか否かです。

見た目からは食べることを想像できませんよね。

ただナマコも同じように食べることを想像できないにもかかわらず食べることもあるので、

イソギンチャクももしかすると同じように食べられるのではないかと思って調べてみました。

するとやはり、

イソギンチャクは食べることが出来るようです。

ただすべてのイソギンチャクが食べられるというわけではなく、

イシワケイソギンチャク

という種類に限って食べられるようです。

これ有明海では食用とされ有明海珍味の1つに挙げられます。

関東では市場にも時たまに出てくるのだとか。

ただ有明海だけで食べられているわけでは無く、

福岡県柳川でも「わけ」として食用にされます。

このように食べられるイソギンチャクもあります。

ただ逆にイソギンチャクの中には毒性を持つものもあります。

むやみにイソギンチャクを食べることは危険です。

絶対にやめましょう。

広告



イソギンチャクの下処理方法は?

続いてはイソギンチャクの下処理法についてです。

店頭で購入する場合には下処理がされているかもしれません。

ただ自分で採った場合や下処理がなされていない状態で販売されているものを購入した場合には下処理が必要です。

ここでは下処理の方法を紹介しますね。

まずはこの動画を見てみてください↓

この動画のように行えば下処理は完成です。

一応手順をまとめておきますね↓

  1. イソギンチャクを開く
  2. 吸盤に何か付いている場合には取り除く
  3. すべて取り除いたら容器に入れる
  4. 塩をかける
  5. 塩もみをする
  6. ある程度やったら流水で洗い流す

これで下処理は終了です。

塩もみに関しては完全にはぬめりを取ることは出来ないので、

身が締まったくらいで終えて大丈夫のようです。

このように手順自体はとても簡単です。

ただ見た目が少々グロテスクなのでそちらの問題で下処理が出来ないという人もいるでしょう。

他に頼る人がいれば問題がないのですがそうもいかない人もいるでしょう。

そういう人は出来るだけ下処理が終えられているものを購入しましょう。

広告



イソギンチャクのおいしい食べ方は?

最後はイソギンチャクの食べ方についてです。

下処理を終えれば次は調理です。

調理方法には、

  • 味噌汁
  • 味噌煮
  • 唐揚げ

といったようなものがあります。

それぞれ軽く説明しますね。

味噌汁

まずは味噌汁です。

イソギンチャク自体にはほとんど味が無いのですが味噌汁にすると食べやすくなります。

味噌は基本的には何でも大丈夫です。

ただ臭みが気になるという人は赤だしにするのが良いかもしれません。

味噌煮

続いては味噌煮です。

こちらも味噌汁と同じ理由でよく作られます。

こちらも普通の味噌煮と同じ作り方で大丈夫です。

唐揚げ

最後は唐揚げです。

見た目が苦手な方はこれがおすすめです。

揚げれば見た目も気にならないので。

こちらも小麦粉ないし片栗粉を付けて揚げれば美味しく出来上がります。

 

このようにどの料理もとても簡単に出来ます。

ぜひ食べてみてください。

まとめ

今回はイソギンチャクについて書いてみました。

味が何もせず食感だけの食材、

といわれても個人的には好奇心だけで食べてみたいです。

運よく手に入る機会があるのであれば皆さんも是非!

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告