クリームチーズの代用は?カビ対策や使い道や使い方も!

クリームチーズっておいしいですよね。

そのまま食べるのもおいしいですし何かの料理に使ってもおいしいです。

ただクリームチーズにもデメリットがあります。

それは値段が高いことです。

美味しいので気にせず買いますが正直言って高いですよね。

何かほかに代用できるものがあればいいのになんて思うこともあります。

そこで今回はクリームチーズの代用品について書いてみました。

他にもカビ対策や使い道についても書いていきますね。

今回のお届け内容はこちら↓

  • クリームチーズの代用品は?
  • クリームチーズの使い道は?
  • クリームチーズのカビ対策法は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



クリームチーズの代用品は?

まずはクリームチーズの代用品についてです。

クリームチーズというと冒頭でも書いたようにやはり高いです。

そのため何かしら代替可能なものがあれば助かりますよね。

調べてみると2つの代用品を見つけました。

ただこの2つは用途が違い↓

  • そのまま食べる用
  • お菓子に使う用

となっています。

それぞれ紹介していきますね。

そのまま食べる用

まずはそのまま食べる用です。

材料は↓

  • プロセスチーズ 
  • 牛乳 (チーズの半分の量)

だけです。

作り方も簡単で、

  1. チーズを細かく切る
  2. チーズと牛乳を耐熱容器に入れる
  3. 電子レンジで溶けるまで加熱する(溶ける時間は分量によって変わります)
  4. 溶けたらそれらを混ぜます
  5. しっかり混ぜたら冷やします

参考:https://kumiko-jp.com/archives/55032.html

これで完成です。

ほんの数分間で作業は終わります。

そのままでなくパンに塗ってもおいしいようです。

お菓子に使う用

続いてはお菓子に使う場合の代用品です。

お菓子に使う場合には、「豆乳とレモン汁」で代用できます。

これなら安価でさらにカロリーも抑えることができます。

ただこれだとやはりコクが足りません

カロリーを気にしないのであれば生クリームと牛乳を加えるとコクが出ます。

広告



クリームチーズの使い道は?

続いてはクリームチーズの使い道についてです。

クリームチーズには使い道が多くあります。

そもそも、そのまま食べてもおいしいくらいですからね。

ただそれでは面白くないのでここではそのまま食べる以外の使い道を紹介していきますね。

それがこちら↓

  • サンドイッチに入れる
  • チョコレートに入れる
  • スープに入れる

それぞれ詳しく書いていきますね。

サンドイッチに入れる

まずはサンドイッチです。

パンに塗ってもおいしいクリームチーズですからサンドイッチにも合います

特にスモークサーモンなんかとの相性は抜群です。

チョコレートに入れる

続いてはチョコレートです。

手作りチョコを作るときにクリームチーズを入れるとおいしいです。

バレンタインチョコにひと手間加えてみてください。

ワンランク上の手作りチョコを作れますよ。

スープに入れる

最後はスープです。

クラムチャウダーなどのクリーム系のスープにクリームチーズを入れるとおいしいです。

特にキノコとの相性が抜群です。

このような洋風のスープにはもちろん合います。

ただ味噌との相性も良いです。

そのため、

  • 味噌
  • みりん
  • クリームチーズ

で味付けした鍋などもおいしいです。

広告



クリームチーズのカビ対策法は?

最後はクリームチーズのカビ対策についてです。

クリームチーズにはカビが生えてしまうことがあります。

ゴルゴンぞーらなど食べられるチーズのカビもありますがクリームチーズに生えたカビは食べることができません。

なのですでにカビが生えている場合には食べないようにしましょう。

カビ対策法は、

  • 清潔に保つ
  • カビが増殖する前に早めに食べる

といったことが有効です。

まずカビの胞子が入らないようにすればカビは生えません。

そのために清潔に保つ必要があるのです。

これはクリームチーズ自体もそうですがキッチンも清潔に保つ必要があります。

また早く食べてしまうのも大切です。

やはり時間が経てばカビが生えやすくなってしまいますから。

この2つを守っておけばカビが生える可能性はグンと下がると思います。

まとめ

今回はクリームチーズについていろいろと書いてみました。

そのまま以外で食べたことがない人はぜひいろんな食べ方を試してみてください。

まずはいくつか紹介したレシピの中から試してみるのをお勧めします。

比較的、万人受けするものを選んだので。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告